伊達巻もの

みたもの触れたものをとにかく残してみる雑記

20世紀号に乗車してきた

とにかくきぃちゃん(真彩希帆)がすごい!

パワフルで、表情もビジュアルもひたすら可愛くて。
きぃちゃんは演じる役どれも(※とはいえ、ひかりふる路が宝塚初観劇です)
めっちゃハマり役だと感じる。
クリスティーヌ越えるのあるかな思ってたけど、
ヴェロニク!!
ブロンドもめっちゃ似合ってはった。
だいきほコンビ尊い

のぞみさん(望海風斗)のナチュラルイケオジを中心に、まなはるさん(真那春人)、あーさ(朝美絢)は安定の三銃士で笑
あーさのショレ、オーウェンのがめついジャンル、だんだんクセになってきた笑
あと、のぞみさんのアクセントでくる真顔が大好き。

で、見事に光をまとって登場の(贔屓フィルター差し引いても!)
車掌の翔ちゃん(彩凪翔)。
可愛いポーターズとのタップも素敵制服も、
普通のメイクなのに年長感まとう動きも、
かっちょいいアナウンスも、
ここ20世紀号です、宝塚ですを思い出させてくれる。
凪様をここに配置するて、
原田せんせやっぱよく分かってはる。

フィナーレ、巷の噂どおり、凪様がほんとに全階視線投げてきてはりましたよ。
2回目は全体観よう思ってたのに、結局ロックオンしてしまいました。

かなり楽しみにしていたはずなのに
現地に着いても全然気持ちが盛り上がらなくて。
原因は多分箱の違いだと。
東急シアターオーブでしたが、劇場の機能は良いのだろうと思うけど、
都会的なデザインが、景色とは一体感あるけど平日感と冷たさを感じるし、
空間あるくせに導線複雑すぎるしで、
私は二回行っても好きになれなかった。
ということで、
あの絨毯ばりの劇場自体も大事な要素だなあと実感しました。まる。

20世紀号公演、あと一週間頑張って下さい✨✨
全力の咲ちゃん(彩風咲奈)が怪我しないか心配なってきました笑

ファントム観劇ラスト

まさかもう一度最後にS席で観られるなんて。
誘って頂いた先輩に心から感謝です。

年明け、実家から戻って翌日に観に行ってから、
演出と曲と振りと、作品に丸ごと惚れ込んで、
役替わりで理想な伯爵を初めて観てから、凪様に惚れ込んで、
続いて従者の格好良さから目が離せなくなって。
2月に入ってからは、生の舞台ならではの回ごとの違いに感激して。
今日はエリックが気持ち強めでした。これも舞台に引き込まれる感じがあって凄く良かった!

何度観ても大好きなのは、ビストロ後からの失恋×2シーンと回想後の群舞。
前者はシャンドンとクリスティーヌのかみ合わなささが、洒落た音楽ですっきりまとめられているところで、
二人それぞれのキャラがばちっと説明されてる。
そしてとにかく伯爵がまーぶしいばーかーりーさっ。(とこちらが言いたい。)
そこからの、花束もったエリック。
クリスティーヌの影がわしゃわしゃ出てきて、エリックと動きがリンクするのが、映像も合わせて、
ファンタジーな世界に生きるエリックならではの
(嫉妬じゃなくて、ただただ喪失というか)
心象風景だなと、迫力と説得力がある。

後者は、振付が大好き。踊りたい、あの身体能力つけたい、と思う。
エリックが両親以外とほぼ関わりが無かったことを考えると、仮面の踊り手に囲まれる感じが今ひとつピンとこないところがあるものの(黒子っぽくなるからやっぱり必要なのか、、)、
真っ白な衣装で、苦悩おりゃーな手足全部離陸が中でもとにかく格好いい。

おかげさまで、2019年は思い出いっぱいの濃いスタートを切れました。
明日の千秋楽、応援してます!
ささ、宝塚は月1のペースに戻して勉強とフラメンコに注力しよう。

折り畳み傘の条件

折り畳み傘の条件として、
重さ、大きさ、デザイン、機能、値段、どれよりも大事なのは、
乾きやすさ
だと学びました。今さっき。

長さは55cm以上、黒色以外、というのは外せなくて、ひたすら迷い続けた結果、
興味本位で決めたのが、
速乾、ひとふりで乾く、
というもの。

これが、本当に乾いたのです。
結構濡れてても、一振りすれば、カバーも無しでカバンに入れられる。
これ、クオリティー of 移動がぐっと上昇する。

骨が丸ごと外れるという、衝撃の壊れ方でお別れした先代から1ヶ月。
これはもう運命と呼びたい。

宝塚の話

職場の方に「ひかりふる路」を連れて行ってもらってから、早二周り。
住む場所変われども、変わったからこそ?
当日券並びが習慣化するまでになった。

何がいいか、と聞かれると、
前は、
「男性アイドルと女性アイドルを同時に応援できるお得感」
とか、
「誰見ても何見ても美しいところ」
とか言ってたけど、
今は、それに加えて、
観たいときに(朝起きれば)観られるところ、
(安いから)回ごとに変わる舞台のナマモノ感を楽しめるところ、
推しをみつける、みつめる幸せ、
随所に漂う女子校のがさつなノリ、
頑張る同年代、
続く続く。

ファントムロスになりそうで怖い。
DVD 買わない主義があっさり崩れそう。
それにしても、たまには防寒じゃなくて
綺麗な服で観劇したいもの。。

雪組ファントムに夢中

です。今月、特に先週、凪様(彩凪翔)の写真集を買ってからというもの。

ついにスマホのロック画像の朔太郎の座も、凪様へ。

 

ファントムは、始まる前から期待度高かったのに、

観たらそれを軽々と越える良さなのです。

よう歌えるなあ、と毎度感心してしまう、複雑で格好いい楽曲、

量が適度で見やすい、かつ、説得力のある演出、美術、

しつこすぎない、自然な台詞と歌詞、

そもそものお芝居としても見応えがあって好きです。

そして、

美し過ぎるファントムこと

だいもん様(望海風斗)のエリックの可愛さが切なくて、

きいちゃん(真彩希帆)クリスティーヌの驚きのリアリティが可愛くて、

咲ちゃん(彩風咲奈)歌が上手くなってて、キャリエールの安定感も絶妙、

組子さんのコーラスも明らかレベル上がってるし。

 

特に役変わりは全然キャラが変わってて楽しい。

個人的にはAパターン派かも。

シャンドンのイメージが凪様の役作りの方だったのと、

あーさ(朝美絢)ショレとカルロッタの賑やかバカップル感が愛おしかった。

 

ついこの役作りの違いは感じるところから色々考えられて楽しい。

あーさシャンドンは、一代で財をなした農場出身

(気を許すとがさつさが出てしまう、根は素直な青年)で、

共通点を感じるのも含めてクリスティーヌに素で惚れた、

あーさのいわはる通り、初めての本気の恋、というのを感じさせる。

だから、ファントムとも同じ目線で戦う感じ。

その点であーさにギャツビー(グレート・ギャツビー)が合いそう。

なんて思ったり。

あの人の良さがにじみ出る悲しさをまとったままピンクのスーツを着こなせる。

ディカプリオ風になりそう。

 

凪様シャンドンは、期待してた王子感を振りまいていて、

まあファントム勝てへんやろー、従者も陽の気にあてられた感が。を納得させる。

その華や輝き、気品は、姿勢の良さ、軸があるところからかなあ。

ビストロでのクリスティーヌを見たときも、

自分の目はやはり間違ってなかった、どや、プラス、

その予想をはるかに越えてきたことへの驚きや感動からの夢中、というちょっと一段上からの感じが、

中学生なファントムとの対比が整うので「これこれ」と思った。

逆にギャツビーじゃない。

泥臭さ、青臭さからの可愛さというより、どちらかに振ったところを表現できるのが味だなと。冷たい方向にも振れる。

そこが、凪様が違うなあと感じるところ。

このタイプのお芝居はしびれるものがある。好みです。

2018振り返る

ああブログが習慣化できなかった。
ここにまとめる以上、これから始めざるをえない。

セキスペに落ちた。
TOEIC 895。900越えの目標にいい感じで届かなかった。
筋トレ、二日坊主を三度繰り返した。
恋人はできなかった。(現実的に後二日で奇跡が起こるとは思えない)

まず出てくるのはネガティヴな事ばかり。
仕事も今ひとつ打ち込む、という感じでなくて、
自己研鑽も、試験終わった瞬間緩んでいて、
楽しいことばかり目が向いてる。
なんともエネルギーが少なくて、怠け心に負け続けている。
そんなこの頃のメンタルのせいか。

ポジティブなことといえば、
引越して、憧れた以上のベストエリアかつ家、身の丈ベストインテリアで暮らせている。
フラメンコ再開した。
宝塚が暮らしの一部になった。
希望部署に配属され、憧れの職人方と沢山話せた。
毎週でも会いたいと思える人に出会った。
惚れ込んだ服を買えた。
館長と話せた。
研修で濃い経験ができた。
中途半端な気持ちに整理がついた。

ちゃんと並べると良かったやん!と気付く。
来年抱負はまた。

心を入れ替える

少し前の自分にとって、全くもって、一番必要な、核心をつく言葉だった。
友達にもその話をして、そらな、とツッコミでたたみかけてもらった。

コントロールや予想が効かない範疇のことに対して、把握できるようなつもりになっていて、
それが負のスパイラルを生んでいた。
仕事の話。
仕事を自分の生活から頑なに分けようとしていた。
(元々そうなる職業は選ぶまいと思っていたのに)
ただ、そんなんでやっていけるのは研修期間のこと。
分けられるほど楽な仕事でもないし、
そもそも分けられるほど器用じゃない。
ことも思い出した。
とにかくこの一言で、だいぶと、
むしろ心が軽くなった。